特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」





中村敦夫さんの朗読劇を公演します (2018.11.05更新)

「『避難者』を孤立させず、ともに支える道を求めて」9.15学習会報告 (2018.09.25更新)

9/27韓国映画「パンドラ」上映会のお知らせ (2018.08.08更新)

9/15トーク&ディスカッションのお知らせ/「避難者」を孤立させず共に支える道を求めて (2018.07.24更新)

5/20新作能「鎮魂」公演報告~白河文化交流館コミネス大ホール~ (2018.06.27更新)

6/21 緊急対談のお知らせ (2018.06.15更新)

総会のお知らせ (2018.04.27更新)


…過去の記事を見る

2018.11.5

中村敦夫さんの朗読劇を公演します


東京電力福島原発事故から来年で8年になろうとしています。
今でも放射能は放出され続けているにもかかわらず、避難した人たちの補助金は削減されています。
さらに、人々の記憶から徐々に忘れ去られようとしています。
福島の故郷を追われた人、心に傷を負っている人、体調不良に悩んでいる人たちを置き去りにしたまま、 そして、原発事故をなかったものとするように、政府は2020年の東京オリンピックに突き進んでいます。

改めて、あの事故は何だったのか? 天災なのか、人災なのか?
加害者は誰なのか?などを曖昧にしないためにも、そして私たちの記憶に押しとどめるためにも、中村敦夫さんの朗読劇「線量計が鳴る」を企画しました。
再稼働がすすむ今、もう一度原発のエネルギーについて考えてみましょう!

日時:2019年1月19日(土)14時~16時(開場13時30分)
会場:北とぴあペガサスホール
    https://www.hokutopia.jp/
チケット代:2000円(全席自由、前売り券なし)
チケット希望者は、以下の郵便口座にチケット代金をお振込みください。
確認後、チケットを郵送いたします。
<振込先>
●郵便振替
 郵便振替口座
 番 号: 00260-7-108912
 名 義: ふくしま支援・人と文化ネットワーク