特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」


2014.09.16

2014.10.19修正

11/22 講演会・討論会のお知らせ
「あれから5年 フクシマ─放射能被害の現状と科学する市民」

原発事故から5年が経とうとしています。
「復興」という言葉が飛び交っていますが、
福島では、放射能の汚染土を入れたフレコンパックが山積されたままです。

そこで生活している人たちは、放射能の不安に苛まれながら日々生活し、
子どもの命を守るために、市民化学の知恵を活かし、
原発事故による放射能被害の調査及びその軽減に取り組んでいます。

今回、市民放射能測定室で放射能の被害について調査してこられた
鈴木薫さんをお招きして、改めて放射能の影響について考えたいと思います。
多くの方々のご参加をお待ちしております。

●日時: 11月22日(日)14:00~16:30(13:30開場)
●会場: 明治大学リバティタワー2F 1021教室
      *会場が変更になりました。

「御茶ノ水」「神保町」など下車5分

●資料代: 1,000円

<内容>
◎講演:鈴木薫さん(いわき放射能市民測定室たらちね事務局長)
◎討論:崎山比早子さん(元放射線医学総合研究所主任研究官)+鈴木さん+神田香織

◎主催:NPO「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」
◎協賛:NPO「有害化学物質削減ネットワーク」