特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」





中村敦夫さんの朗読劇を公演します (2018.11.05更新)

「『避難者』を孤立させず、ともに支える道を求めて」9.15学習会報告 (2018.09.25更新)

9/27韓国映画「パンドラ」上映会のお知らせ (2018.08.08更新)

9/15トーク&ディスカッションのお知らせ/「避難者」を孤立させず共に支える道を求めて (2018.07.24更新)

5/20新作能「鎮魂」公演報告~白河文化交流館コミネス大ホール~ (2018.06.27更新)

6/21 緊急対談のお知らせ (2018.06.15更新)

総会のお知らせ (2018.04.27更新)


…過去の記事を見る

11月16日 韓国の原発の現状を知る学習会  「日韓市民の連携で脱原発の道を開く」

 韓国では原発23基が稼働し、建設中の5基、また計画が確定した6基を加えて、2035年までには原発は現在の2倍近い41基に増える計画です。特に350万人が暮らす大都市・釜山から20キロにある古里(コリ)原発は、放射能漏れや情報隠しなど多くの不安材料を抱えています。
 もし韓国で原発事故が起これば、私たちは福島原発事故の放射能被害に加えて、新たな放射能の不安を抱えるようになります。現在、国内の原発は稼働されていませんが、脱原発にむけて、日本・韓国の市民が連帯することが重要な課題と考えます。
 この度、長年、釜山で環境問題や脱原発運動に取り組んで来られた金海蒼さんをお招きすることになりました。韓国の原発の現状を共有し、将来に向けた脱原発と新たな市民社会の道を築いていきたいと思います。貴重な韓国の原発の状況を聞く良い機会ですので、多くの方々のご参加をお願いします。

●日時 11月16日(日)14時~16時
●会場 スペースたんぽぽ/東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4階

JR「水道橋駅」から徒歩5分 たんぽぽ舎のあるダイナミックビルの4階

●参加費 800円

●参加費
 NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」 090-2171-4971
 たんぽぽ舎 03-3238-9035