特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」


2014.10.22

ふくしまツアーに参加して

櫻井純子

 震災後、家に戻れない方達の地域へ初めて入りました。雑草が茂る土地。みんな美しい田んぼや畑でいまごろ刈り入れをしていたはず…。 たくさんの人が行き交っていたであろう富岡の商店街。いまはだれもいない。駅から望む海と岬。ろうそく岩という岩が富岡の人たちの自慢だったって…。今は津波で流されてしまっている…。
 原発という人工的なものが原因で愛する土地に戻れない…。それを推進した人を恨めばいいのでしょうか?責めればいいのでしょうか?そんなことはやるせない…。津波で家を流された人はいくら原発による避難区域になっていても家屋の補償金はもらえないそうです。どこかで線引きをしなければいけません。人が決めたルールだから…。
 このような状況で恨みつらみを抱かないで生きて行かれる人がいるのだろうか…。人のつながりが分断しがちな状況になり、住民たちは元気に過ごせているのだろうか。壮絶な状況を目にし、せめてこの日、私は必死にここの皆さんに寄せた思いが届いてほしい、と願うばかりでした。

 白河市にある原発災害情報センターでは市民が希望すれば放射線量を測れる体制を整え、結果を情報発信していました。現状を知る。そして、それを元に対策を立てる。いまは、そのような科学的な方法を地道に行っていくのが重要なのでしょう。
 アウシュビッツ博物館の初代館長青木進々氏がいつも言っていました。「少数意見を尊重するのが真の民主主義である。」と。本当はおかしい、と思いながらも世論に流され、いつのまにかナチスドイツに加担する立場になっていた大勢の市民たち。原発誘致にしてもいまの政権にしても共通する状況があるように思います。だからこそ、事実を知り、自分の意見を発信し、理解者を増やして行けるような表現力を磨いていきたい、と思いました。アウシュビッツは終わっていない。まだまだ学ぶことはある、と思った一日でした。そして、原発周辺に住んでいたみなさんに心和む時が少しでも訪れるよう願わずにはいられません。

あらゆるところに置かれている除染した残土


あの時のままの富岡駅


かつては賑わっていた富岡商店街