特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」





10.15〜16 いわき市、飯舘村を巡るふくしまツアー報告 (2016.10.24更新)

ふくしまツアー参加者募集 <飯舘村からふくしまを考える> (2016.08.29更新)

2月21日、福島のコミュニティー再生事業として、今回は南相馬へ行ってきました。 (2016.03.03更新)

会津自然エネルギー事業ツアー レポート (2015.09.16更新)

2015年9月ふくしまツアーのお知らせ (2015.07.21更新)

韓国の原発の現状を知り、日韓市民の連携で脱原発への道を拓こう 2015.4.17~20 韓国・古里原発視察ツアー報告 (2015.05.15更新)

NPOまつもと子ども留学基金 (2015.03.19更新)


…過去の記事を見る

2014.09.08

2014年10月ふくしまツアーのお知らせ

 2011年3月11日の東日本大震災と原発事故による被害など、二重も三重もの被害を受けている福島県内には、198万人の人たちが不安を抱えながら生活しています。今まで、私たちは福島県内で復興や再生事業に取り組んでいる市民を支えるために、オーガニックコットンやオリーブの援農ツアーに3回取り組んできました。今回は、福島の人たちとの交流を通して福島に生きるということ、今後の地域づくりなどについて、共通認識をもっていきたいと考え、「ふくしまツアー」を企画しました。ぜひ、ご参加ください。  なお、人数に限りがありますので、定員になり次第、締め切りとさせていただきます。

日時:2014年10月18日(土)
集合時間:7時15分(7時30分出発)
集合場所:東京駅八重洲口鍛冶橋駐車場 地図はこちらから

 東京都千代田区丸の内3-8-2
 「東京駅八重洲南口」を出て右方向に徒歩5~7分
 八重洲通りと外堀通りの鍛冶橋交差点の横断歩道を進行方向に渡り外堀通り沿い。

参加人数:40人
バス:家庭からの天ぷら油を回収・リサイクルした軽油で走る大型バス。
費用:一人3,000円(昼食、保険含む。)
現地コーディネート:ふくしま観光復興支援センター

★参加希望者は、以下のメールでお問い合わせください。
メールアドレス:p-c-netw311@nifty.com

*行程(予定)
7:15 集合
7:30 出発(時間厳守で出発します
10:00 いわき市道の駅よつくら港着(ふくしま観光復興支援センターの語り部の方同乗)
10:00~12:30 「原発被災地ツアー」双葉郡の広野・楢葉・富岡の各町へ
⇒富岡夜ノ森⇒富岡商店街通り⇒警官殉職地⇒富岡駅⇒楢葉町一時保管場所
⇒Jビレッジ外周⇒道の駅よつくら港
12:30~13:00 小川町へ移動
13:00~13:30 (企業組合)おてんとうSUNの太陽光パネル見学及び説明
13:30〰15:30 白河市へ移動 <バスの中でお弁当>
15:30~17:00 アウシュビッツ平和博物館/原発災害情報センター訪問、交流。
17:00 出発
20:00 東京着、解散

<注意事項>
①時期に応じた服装でお願いします。
②放射能については、各自で調べ、判断した上でご参加ください。また、放射能予防の服装などについても、各自準備ください。