特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」





9/23第2回祈念コンサート篇【岡まゆみ―ソロ・ライブ―】のお知らせ (2017.6.1更新)

5/21講演会のお知らせ (2017.4.7更新)

2017年度定期総会開催のお知らせ (2017.4.7更新)

福島から世界に届け!民の声 12.11鈴木博喜さん報告会 (2017.01.06更新)

「安全宣言」のもと福島で何が起こっているのか? 11.13荒木田岳氏講演会報告 (2016.11.18更新)

福島から世界に届け! 民の声 ~汚染・被爆・避難の現実~ (2016.10.24更新)

11月13日、荒木田岳氏(福島大学准教授)の講演会を開催します (2016.10.14更新)


…過去の記事を見る

2014.1.7

けっして諦めず、明るく、しつこく、しぶとく、つながろう!  2014年新春のご挨拶
理事長 神田香織

新年あけましておめでとうございます。旧年中は多くの皆様のご支援をたまわり、心よりお礼申し上げます。

 今年は福島原発事故から3年の節目の年です。節目とはいっても相変わらず収束しておらず「原発非常事態宣言」は解除されないまま、放射能汚染は拡散し続けたまま、10万人以上の皆さんが避難生活に耐えたまま…です。それなのに「原発ゼロ」は撤回され、福島県議会も反対した「秘密保護法」は強引に可決され、弱者がますます追いつめられる社会になりました。政治とは一体誰のためにあるのか、などということまで考えさせられる昨今です。

 しかし落ち込んでいる場合ではありません、未来ある子どもたちに一時でもストレスを発散し健康に過ごしてもらいたい、と当会は今年も「こどもを放射能から守る」に力をいれ活動してまいります。

 昨年の7月の夏休みには、いわき育英舎の子どもたちを8日間も熊本県天草市に呼ぶことができました。また、9月にはいわきの園児たちの小諸エコビレッジ保養に交通費を援助させていただきました。ある福島のファミリーは奈良県橿原のリフレッシュハウスで正月を迎えることができました。静岡県三島のリフレッシュハウスを毎年利用される家族もいます。

 これもみな、保養支援Tシャツを求め協力してくださる全国のみなさま、天草のボランティアのみなさま、リフレッシュハウスを提供してくださるみなさま、イベントのたびにお手伝いしてくださるみなさま、当会を応援してくださるみなさまのお蔭と感謝し、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。

 当会はその他の活動として、福島の声を首都圏に届ける講演活動を年2回、また援農、文化イベントなども実施しました。今年も福島を取り巻く環境は厳しく、さまざまな試練があることでしょうが、「呆れ果てても諦めず」「明るくしつこくしぶとく」つながって行きましょう!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。