特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」





中村敦夫さんの朗読劇を公演します (2018.11.05更新)

「『避難者』を孤立させず、ともに支える道を求めて」9.15学習会報告 (2018.09.25更新)

9/27韓国映画「パンドラ」上映会のお知らせ (2018.08.08更新)

9/15トーク&ディスカッションのお知らせ/「避難者」を孤立させず共に支える道を求めて (2018.07.24更新)

5/20新作能「鎮魂」公演報告~白河文化交流館コミネス大ホール~ (2018.06.27更新)

6/21 緊急対談のお知らせ (2018.06.15更新)

総会のお知らせ (2018.04.27更新)


…過去の記事を見る

2013.09.05

11/16 佐藤和良氏の講演会を開催。神田香織が新作講談を披露します

 国際会議の場で福島第一原発の汚染水は「完全にコントロール」されていると大ウソをついた安倍首相。彼らは「震災復興」を東京オリンピック招致のダシに使ういっぽうで、「東京と福島は250km離れているから関係ない」と、福島の人々を切り捨てました。
 実際、福島における除染の実は上がらず、いまなお多くの被災者が避難を余儀なくされ、子どもたちは低線量放射能を毎日浴び続けています。被災者への支援を定めた「原発事故・子ども被災者支援法」は骨抜き状態。さらに、東電・国・専門家の刑事責任を問う「福島原発告訴」に対しても、検察は「全員不起訴」という信じられないような判断を下しました。

 私たちNPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」は、国の「支援法基本方針案」の撤回と具体的施策の実現を求める「原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議員連盟」や「福島原発訴訟団」で活動する佐藤和良氏(いわき市議会議員)を再び東京に招き、福島の現状について報告を受けるとともに、次の行動を考えていきます。
 NPO理事長・講談師神田香織による新作講談「福島の祈り」のお披露目も乞うご期待。あわせて、私たちが7月に実施した、福島の子どもたちを放射能から遠ざける「天草保養キャンプ」の報告も行います。

 11月16日(土)午後1時から、ぜひふるってご参加ください。

今なお続く原発被害〜子ども・被災者支援法/原発告訴団とふくしまの現状

●日時 2013年11月16日(土)13:00〜16:00(12:30開場)

○主な内容
13:00 天草保養プロジェクト報告
13:40 神田香織講談 新作「福島の祈り」
14:00 講演・佐藤和良氏 「なぜ私たちは東電・国・専門家の<罪>を問うのか」
*佐藤和良氏は、「原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議員連盟」共同代表/福島原発告訴団副団長・いわき市議会議員

●会場 市ケ谷・JICA地球ひろば TEL.03-3269-2911

(地下鉄・JR「市ケ谷」駅徒歩10分 [地図]

●参加費(資料代) 1,000円
●主催 NPO法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」
●問合わせ p-c-netw311@nifty.com