特定非営利活動法人「ふくしま支援・人と文化ネットワーク」





10.15〜16 いわき市、飯舘村を巡るふくしまツアー報告 (2016.10.24更新)

ふくしまツアー参加者募集 <飯舘村からふくしまを考える> (2016.08.29更新)

2月21日、福島のコミュニティー再生事業として、今回は南相馬へ行ってきました。 (2016.03.03更新)

会津自然エネルギー事業ツアー レポート (2015.09.16更新)

2015年9月ふくしまツアーのお知らせ (2015.07.21更新)

韓国の原発の現状を知り、日韓市民の連携で脱原発への道を拓こう 2015.4.17~20 韓国・古里原発視察ツアー報告 (2015.05.15更新)

NPOまつもと子ども留学基金 (2015.03.19更新)


…過去の記事を見る

2013.08.06

オーガニックコットン畑で援農をしませんか

 被災地における復興プログラムの一つとして、いま福島県いわき市では、現地の人たちを中心に県外の人たちも力を合わせてオーガニックコットン(有機栽培綿)づくりが進んでいます。津波や地震の災害のほかに、放射能汚染の問題が立ちふさがっている福島の中で、ようやく市民が動き出した事業です。
*詳しくは「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト」のWebサイト
 2012年は、夏の雑草取りツアーを実施し、そのコットンはTシャツに生まれ変わりました。
 3回目の援農ツアーの今回は、綿摘みを企画しました。綿摘みは、全て手作業でしなければなりません。作業の他に、現地の農家の人たちやこの事業を進めている「企業組合 おてんとうSUN」の太陽光発電の視察も計画しています。ご参加をお待ちしております。

*参加申込み書がこちらからダウンロードできます。
【概要】
日時:2013年10月6日(日)
集合時間:7時15分(7時30分出発)
集合場所:有楽町駅近く「鍛冶橋駐車場」(申込み書の裏面地図参照)
参加人数:27人
バス:家庭からの天ぷら油を回収・リサイクルした軽油で走る中型バス。
費用:一人5,000円(昼食、保険含む。なお、当NPOから補助をいたします)
現地コーディネート:NPO法人ザ・ピープル 吉田恵美子理事長
★参加希望者は、参加申込み書に以下をご記入の上FAXください。
FAX:045-392-8043     
問合せ先:郡司(090-2171-4971)
メールアドレス:p-c-netw311@nifty.com
締め切り日:8月31日